平和は赤ちゃんからはじまる~小さな「デチタ」を応援するヒント~ ◇◆ 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆◇ 深津高子さん、中村隆市さん講演会 
平和は赤ちゃんからはじまる~小さな「デチタ」を応援するヒント~ ◇◆ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

クリスマス、年末、お正月・・・。

1年で家族がいちばんゆっくり長い時間を過ごすことができる季節がやってきました。

この時期だからこそ、子育て世代のすべての人に手にとってほしい、素敵な本をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「デチタ。でちた。できた!」(中村博子・訳、深津高子・監修 / スロービジネスカンパニー)

赤ちゃんの静かな喜びに満ちたこの瞬間を見逃していませんか?
子どもは、生まれたその日から小さな「デチタ」を積み重ね、大きな「できた!」につなげていきます。

それなのに、私たち大人は、赤ちゃんの「デチル」ことに、手や口を出し、彼らの生きる力を

邪魔していることが意外に多いのです。子どもが何かとひたむきに向かい合っている姿を見守り、

必要なときだけそっと手を添えるような大人になりたいものです。


この本は、そんな小さないのちの自立を育む大人の在り方について

米国在住のモンテッソーリ教師であり、3人の子どもをホームスクーリングで育てた女性

スーザン・スティーブンソンさんが書いた玩具カタログ本「Joyful Child」を日本語に訳したものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「デチタ。でちた。できた!」出版記念のトークイベントを東京国分寺のカフェスローで行います。

ゲストは、この本の監修者であり、全国の保育園、幼稚園で子どもが育つ環境のアドバイスを

続けている国際モンテッソーリ教師の深津高子さん。そして、この本の発行人である中村隆市さんです。

子どもの「できた!」を育むヒントを、本の中から、そしてお二人が旅した世界中の例から

共有していただく贅沢な90分。ぜひ、ご家族みなさまでお越しください。


日時:12月26日(日曜日) 18:00~19:30 (17:30開場)

場所:カフェスロー
〒185-0022 東京都国分寺市東元町2-20-10 TEL : 042-401-8505
地図: http://www.cafeslow.com/map/access.html

ゲスト: 
深津高子(国際モンテッソーリ教師、子どもの通訳)
中村隆市(スロービジネススクール校長、ウィンドファーム代表)
※ゲストプロフィールは文末をご参照ください。

聞き手:小野寺愛(ピースボート子どもの家代表)


参加費:大人2,000円(ワンドリンク+「デチタ。でちた。できた!」1冊込み)、小学生以下無料(ドリンク実費)

同時開催: 
「親子で行く地球一周写真展」
※深津高子さんがアドバイザーをつとめる「ピースボート子どもの家」の子どもたちの地球一周を写真で展示しています。


★☆ご予約☆★ 
カフェスロー042-401-8505(火定休) 
メールフォーム: http://www.cafeslow.com/apply.html(前日までにお願いいたします)

主宰: 
スロービジネスカンパニー http://www.slowbusiness.org
ピースボート http://peaceboat.org

ゲストプロフィール:

深津高子(ふかつ・たかこ)

オランダにある国際モンテッソーリ協会(AMI)公認教師、同協会元理事、モンテッソーリ教育通訳、NPO法人「幼い難民を考える会」理事、ピースボート洋上『子どもの家』アドバイザー。 1980年代、タイ国境のカンボジア難民キャンプ内の保育園で「平和は子どもから始まる」という言葉に出会い、それ以降、就学前の子ども達に関わるようになる。東京府中市の幼稚園でモンテッソーリ教育を実践し、現在は全国の幼稚園、保育園で子どもの視点にたったコンサルテーションや、子ども時代の重要性や、環境問題などに関する講演及び執筆活動を行う。現在は、富山県でモンテッソーリ教師養成コースの通訳としても活躍中。国分寺市在住 

★ブログ「ecollage」 http://ecollage.info/

中村隆市(なかむらりゅういち)

1955年福岡生まれ。(株)ウインドファーム 代表。ナマケモノ倶楽部 ・世話人。六ヶ所あしたの森・共同代表。19歳で水俣病と出会い、環境問題に関心を持ち始める。70年代から有機農業を実践し、80年代からフェアトレード事業に取り組む。04年ブラジル・マッシャード市から有機農業とフェアトレードを普及した功績により名誉市民章を受章。同年「いのちを大切にする仕事」を学ぶスロービジネススクールを設立。07年、環境問題を伝える豪快な号外3000万部をてんつくマンと発行。ピースボートの水先案内人でもあり、『考える絵本 しあわせ』(大月書店)
のモデルでもある。  ★中村隆市オフィシャルブログ「風の便り」 http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze

聞き手:
小野寺愛(おのでら・あい)

「ピースボート子どもの家 」代表。サーファー、2児の母。旅とウィンドサーフィンに明け暮れた学生時代を終え、外資系証券会社勤務を経て、2003年より国際交流NGO「ピースボート」共同代表。地球を6周する中で、子ども・環境・先住民・持続可能な社会作りなどをテーマに数百本のトークやイベントをプロデュース。現在は、ピースボート船上に作った世界初の洋上モンテッソーリ保育園「ピースボート子どもの家」のコーディネート業に夢中。自身も2歳の長女と7度目の地球一周の船旅に参加し、「子どもの異文化体験と親子の感動共有において、これは世界一の保育園だ!」と確信して今にいたる。ピースボートのほか「green parents party 」を立ち上げ、子育て世代の地域活動を応援している。  ★ブログ「船乗り日記」: http://ameblo.jp/sunday0106  ★twitter: @aionodera
スローな子育ち > 過去の講演会 | - | -