船上線上歩行 ②

【船上線上歩行】②

横浜港を4月23日に出発してから3週間近くが過ぎました。

洋上ではPC環境が整わず、遅ればせながらやっとで近況報告「船上線上歩行」ができるようになりました。
船上生活では無線LANと、船用の接続サービスカードがなければメールの発受信はできないのですが、機会のある限り船内生活を紹介していきたいと思います。

今朝のオセアニック号は、エジプトに向ってスエズ運河を静かに北上しています。左岸はアフリカ、右岸はユーラシア大陸が同時に見えるという貴重な体験をしています。

毎朝、子ども達と地図を見ながら、日本がどこで、今、船はどこにいるかを確認しています。
「海峡」という言葉を実体験できるのは、船上モンテッソーリクラスならではのありがたい生きた教材です!

まず今日までの運航状況をさっと書きます。
日本を離れ、今日5月20日まで私たちは太平洋を南下し、中国の厦門(あもい)、シンガポール、そしてインド洋を抜け、ソマリア沖を自衛隊に守られながら紅海を抜け、ヨルダンに寄港しパレスチナ難民キャンプを訪れ、次の訪問地であるエジプト、ギリシャ、そして北欧に向けて時速27ノットで進んでいます。
昨日のヨルダンのアカバでは15日ぶりに陸にあがり、緑や植物、土の有難さを知りました。

さて、船上「子どもの家」の報告です。

現在3人の子ども(20ヶ月、2才、5才)ですが、発達段階があまりにも違うので
それぞれのニーズに対応した環境づくりをしています。

まずは私たちの1日の流れから。
6時起床。
7時からピースボートスタッフと朝食ミーティング
9時から3時半までの保育時間の内訳
9時~自由選択活動
10時過ぎのおやつ
11時半 レストランで昼食、(子ども用の食器をタイムリーにラコルタ子どもの家から寄付いただいて、本当に助かっています。(写真2)
午睡
屋上のラウンジ「波ヘイ」にて3時のおやつ
3時半 お迎え
5時半 夕食
6時~就寝までの時間(日によってセミナーや寄港地説明会などがあり、参加します。また波ヘイや他のラウンジで一杯飲んだりすることもあります。またダンスパーティーや下船者とのお別れ会、お誕生会が企画されることもあります)

明日はエジプトです。ピラミッドという先人たちの工夫を
観てきたいと思います。
PC接続ができるところからまたお便りします。

豚インフルエンザが世界で蔓延していると聞きますが、船内は皆元気です。
では皆様どうぞお元気で!

深津高子
スローな子育ち > 船上線上歩行 | - | -

船上線上歩行 ①

【船上線上歩行】①

横浜の港を離れて、早2週間+4日がたちました。

最初の数日は、何とも大地が揺れているのに慣れず、頭がふらふら状態でしたが
、今ではすっかりこの「揺らぎ」にもなれました。

もう保育中にふっと窓の外を見て、そこが波打つ大海原でももうビックリしなく
なりました。
でも考えてみると海のど真ん中で保育なんて本当におかしな環境です(笑!)

さて、私たち保育担当の3人はいたって元気です。
私も、もう大きい洋上講演会を3回しました。それぞれ200人くらいの人が来てく
れ、熱心に子どもの話やモンテッソーリ教育の話を聞いてくれました。船という
何処にも出られない環境ですが、ここでのセミナーは中東の歴史や紛争の背景、
平和構築の手段など普段、他では聞けない濃い内容でとっても勉強になります。

生活面ですがピースボートの旅は快適です!
3度のお食事は食べ放題のブッフェだし、夜は居酒屋「波へい」が待っているし、
体重増加が気になる人にはジムがあるし、ジャクジーや屋上ピールがあり、風に
吹かれながらの甲板一周200メートルの散歩も快適です。

【洋上「子どもの家」から】
ならし保育も終わり5月2日のシンガポール寄港後、本格的に朝の9時から3時半ま
での通常保育が始まりました。

10時のおやつ、カフェテリアに行って昼食、午睡、屋上でアフタヌーンティーを
はさんで夕方3時半~4時のお迎えまで、子ども達3人と楽しく生活しています。

子どもたちの年令は21ヶ月の男の子、2才になったばかりの女の子、5才の女の子
です。





発達段階でいくと、本来はICと子どもの家の年齢ですが、船上ではそうも行かず
に、コーナーにそれぞれの環境を作ってやっています。

船上での線上歩行が夢だったのですが、もう揺れる船上で物にぶつからずに教具
を持って歩くだけでも、もう十分(!)大人も含めて、船内生活自身が平衡感覚
の練習なので、今はあえてやっていません(笑)。


あさっては船上運動会です。各出身地に分かれて、地域対抗運動会になりそうで
す。

明日からソマリア沖の近くを通るので、自衛隊が護衛してくれるなか、スエズ海
峡へと向かいます。丁度1週間後の日曜日にはヨルダンのアカバに着きます。

東京に居たときはあってあたりまえだった大地(動かない)や植物の緑、土が恋
しくなります。
あ~、来る日も来る日も海で、陸がみたいです。

また報告します。

どうぞお元気で!

インド洋を航海中のピースボートにて
深津高子
スローな子育ち > 船上線上歩行 | - | -