「子育て」から「子育ち」の援助へ

「子育て」から「子育ち」の援助へ
~モンテッソーリ教育に学ぶ、いきいき子育ち~

「ひとりでできるように手伝ってね」

幼児期にどんな大人や世界に出会い、どのように生きたかは人間の土台となりま
す。だから、誕生から6歳までの数年間は、生涯を通してとても大切な人格形成
の時期。

この時期の子どもたちは、毎日自立に向って生きています。大人にすべて依存す
るのではなく、できる限り自分の手やカラダを使っていろいろなことをやってみ
たいという探求心にあふれているのです。

自らを成長発達させるプログラムと力を備えた子どもたちに対して、大人ができ
ることは?

子どもの視点に立った保育環境を作るため、コンサルタントとして全国の保育
園・幼稚園で活躍中の深津高子さんにお話を伺います。「久我山子どもの家」の
あたたかい環境も必見。一緒に、イキイキ「子育ち」環境を作るコツを探ってみ
ませんか?


◎ゲスト: 深津高子(保育環境コンサルタント)
 聞き手: 小野寺愛(ピースボート共同代表) 

◎場所:久我山子どもの家
◎日時:2009年1月24日(土)

  • 午前の部
  •  
    10:30 受付開始    
    11:00 開演
    12:30 終了予定

  • 午後の部 

  • 15:30 受付開始
    16:00 開演
    17:30 終了予定


    ◎費用:500円
    ◎定員20名:
    定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにお申し込みください。

    ★お子さんを連れてのご参加、大歓迎です。
    *託児はありませんが、会場には子どもが大好きなモンテッソーリの教具があり
    ます。お昼を少し過ぎる時間までの開催ですので、お子さんの簡単なおやつなど
    お持ちいただくのもいいかもしれません。

    ★問い合わせ&申し込み先:
    ピースボート事務局(担当:小野寺)
    Tel: 03-3363-7561
    Email: info(a)peaceboat.gr.jp
    *(a)は@に変えてください。
    *メール予約の場合、ピースボートからの返信をもって予約完了となります。

    ----------------------------------------
    ■ゲスト:深津高子(ふかつたかこ)

    保育環境コンサルタント
    国際モンテッソーリ協会元理事 http://www.montessori-ami.org/
    NPO法人幼い難民を考える会理事 http://www.cyr.or.jp/
    エコラージュ工房代表 http://ecollage.info/

    80年代、インドシナ難民の流出をきっかけにタイ国に渡り、メコン河沿いの難民
    キャンプで救援活動に参加する。紛争解決の糸口を模索中に、キャンプ内の保育
    所で「平和は子どもから始まる」という言葉に出会い、子どもに関わることが平
    和へつながる道と知る。帰国後モンテッソーリ教師養成校に通い国際免許を修得
    後、東京府中市にある「子どもの家」で11年働く。現在は全国の保育園・幼稚園
    で保護者や教師向けの講演会、リトミック講師をしながら「幸せな保育環境づく
    り」に協力している。共著に子ども向け歴史絵本『マリア・モンテッソーリ』
    (てらいんく出版)、辻信一著の『カルチャー・クリエイティブ』-新しい世界
    をつくる52人―(木楽舎)の中で、平和運動としての保育を熱く語っている。
    ★ブログ「エコラージュ」: http://ecollage.info/

    ■聞き手:小野寺愛(おのでらあい)
    ピースボート共同代表、ほっとけない世界のまずしさ理事、サーファー、1児の
    母。1978年横浜生まれ、上智大学外国語学部英語学科卒業。旅とウィンド
    サーフィンに明け暮れた学生時代を終え、外資系証券会社勤務を経て、2003
    年より現職。ピースボートのクルーズ企画コーディネーターとして地球を6周す
    る中で、子ども・環境・先住民・持続可能な社会作りに思いをめぐらせるように
    なる。共著に『世界から貧しさをなくす30の方法』(合同出版)、雑誌『ソト
    コト』『Blue.』などに寄稿。
    ★ブログ「船乗り日記」: http://ameblo.jp/sunday0106

    ----------------------------------------
    ■モンテッソーリ教育とは
    モンテッソーリ教育とは20世紀始めにイタリアの医学博士マリア・モンテッソー
    リが(1870年~1952年)子どもを観察することから発見した教育法で、「生命が
    育つための援助」と呼ばれている。1907年、ローマの貧困層の子ども達を対象と
    した保育施設「子どもの家(Casa dei bambini)」を設立し、心理学、教育学、
    脳生理学などに基づいて独特な教育法を完成させた。イタリアのスラムで始まっ
    た小さな試みとその理念は、瞬く間に欧米を中心に世界各国に広がり、誕生から
    100年を越えた今でも世界中の親と教育者そして子どもたちに支持されている


    * * *

    We are the sowers, the children will be those who will reap. To labour
    that future generations may be better and nobler than we are that is our
    task: without egoism and without pride. Let us unite in this work.
    (Maria Montessori)
    私たちは種をまき、子どもたちはそれを収穫します。未来世代が私たちよりも
    もっとよくなるように、誇りをもって堂々と生きることができるように、そんな
    環境をつくるのが私たち大人の仕事です。エゴイズムも自慢もなく、ただその大
    切な仕事をするために、大人はひとつになりましょう。 (マリア・モンテッ
    ソーリ)
    スローな子育ち > 過去の講演会 | - | -