現代イラクを代表する芸術家 カーシム・サブティー コラージュ作品展

現代イラクを代表する芸術家
   カーシム・サブティー
 コラージュ作品展 
 
●日時:2009年8月29日(土)  18:00開場 、19:00~21:00
●会場:カフェスロー (国分寺駅南口から徒歩5分)
●話し手:相澤恭行さん(ピースオン代表)
     深津高子さん(幼児教育アドバイザー)
●聞き手:辻 信一(文化人類学者、環境運動家)
●参加費:当日1,500円、予約1,200円 (ともに1ドリンク付、500N可)
●参加申込・問合せ:カフェスローTel042-401-8505(火曜定休)
 ・参加予約フォームはこちら http://www.cafeslow.com/apply.html
●主催:ナマケモノ倶楽部
●共催:ピースオン、カフェスロー
=============================
 現代イラクを代表する芸術家のひとり、カーシム・サブティーは、戦火にみまわれた書物を用い、コラージュ作品を創り上げる希望のユーモア作家にして、戦争と混乱 の地バグダードにとどまり続けヘワール(”対話”)ギャラリーをいとなむ、執念のギャラリー主宰者。2008年初来日を果たし、東京、京都で個展「不死鳥の物語」を開催しました。この度、未発表作品含む約20点を展示します。

『 不死鳥の物語(抄訳、一部抜粋)』
2003年4月バグダートへの爆撃は多くの犠牲をもたらした。いたるところ瓦礫と変わり果て、さらには社会秩序も崩壊し、町はすっかり地獄へとおいやられていった。最初の眠れない夜が明けた朝、美術院の様子をみにいってみた。私が学び、芸術的技法を磨き高めた、もっとも大切なあの場所へ。私はまるで生存者を探す消防士のように絶望的な気持ちになったが、(図書館の)書物の山を通り抜けたとき、煤だらけになりながらも生き延びているように見えるわずかな本があることに気がついた。
私は痛んだ表紙の本の山を抱えてアトリエに戻り、すぐに作業を開始した。
今、コラージュに姿を変えて、テキストが完全に破壊された本は生命を取り戻した。
これはまた私にとって、バグダードのわれわれを覆う破壊に大して勝利をえるための試みでもあるのだ。

■カフェスローギャラリーにて同時開催しています!
カーシム・サブティー作品展『不死鳥の物語』
8月26日(水)~31日(月)@カフェスローギャラリー
11:30~18:00(月、水、木)、11:30~15:30(金、土)
エコラージュ工房 | - | -

楽しい親娘3人展のお知らせ

■深津彰子・TERI・高子・母娘展■
‘08年5月13日(火)~18日(日)
11時AM~6時PM(最終日5時まで)
暮らしの中で発見する美しいものは生活を豊かにしてくれます。母娘3人が見つけたそれぞれの「わくわく」。体験コーナーもございます。どうぞお越しくださいませ。
■GALLERY 北野坂
神戸市中央区山本通1-7-17
WALL AVENUE 3F
T&F 078- 222- 5517  
JR・阪急三宮駅から徒歩10分
■TERI’S布工房 〒563-0022大阪府池田市旭丘2-6-14 T&F 072-762-3948
■深津彰子・TERI・高子・母娘展■.doc
エコラージュ工房 | - | -

雑誌「シュプール」4月号に掲載されました!

エコラージュのおくるみ箸が、雑誌「シュプール」4月号のエコグッズ特集(383項)に掲載されました!
スタイリストの酒井さんのお気に入り商品の一つとして写真入りで載っています!
みなさんもぜひご覧になって見てくださいね。
エコラージュ工房 | - | -